書く効用は、いろいろある。運動のこと

コロナ禍での生活も長期化しています。みなさんは、どんな工夫をされていますか?


私は、ほぼ在宅ワークとなったので、運動習慣を見直しました。そのためにしたこと、、。


それは、今の生活の見直しのために、全てを書き出してみたのです。


A4サイズのノートに、運動したいこと、運動したら良いと思うこと、どんな運動は嫌だとか、とにかく思いつくままに、運動のキーワードで考えを吐き出しました。


パーソナルで習っていた運動も、感染予防から中止してしまったので、自分でできる運動をあれこれ考えてみました。


そして、そもそも、運動はするべきなのか?したいのか?そのことも、じっくり考えながら書き出してみました。


すると、自分の苦手なこと。運動は健康のためにしたいということ。一人でじっくり考えるのがやはり大切であること。などなど、再認識できることも多くありました。


そして、現在は、寝る前のセルフストレッチ、朝の短い座禅、ラジオ体操、日中の仕事ではポモドーロ方式を導入して、椅子から立ち上がりスクワットタイムを導入。可能なら、週に3日は2時間の散歩です。散歩は、スマホなどは持たずに、歩く瞑想に近いものにしています。

平坦な道の散歩は、たまに坂道コースや神社の200段階段を登るなど、負荷も加えてみると、筋肉量が増えてきました。


毎日の体重や体脂肪、骨格筋率の記録も大切です。(これは、好みがあると思いますが、、。)


何のために、運動するのか? それは、幸せのためなんだと思っています。

習慣にして、記録したり、日記を書いたり、自分でも楽しんでいます。 書き出すことで、やるべきことも見えてくるので、ぜひ、ご一緒に書くワークなどもいたしましょう。


最新記事

アーカイブ

カテゴリー