はじめに

手早く送信できるメールは、手紙として便利この上ないものになりました。

ですが、漢字変換が繰り返されるメールには、なぜか心を上滑りしていくような物足りなさをつねに味わわされる気がしてなりません。

「ほんとうに相手にこの気持ちが伝わったのだろうか?」

返信を待つあいだ、そんな不安をさえ感じることもしばしばです。

ところが、「手書き」は文字を「刻む」ことです。ですから手書くことで、自身の心情の確認と覚悟、深まりをさえ期待できるのです。こうした「手書き」をコミュニケーションのツールとして見直すことで、よりよいコミュニケーションを実現できると確信します。

それは企業人にとって、営業戦略、顧客対応、ひいては組織の構築や個々の企業人の個性をさえ引き出す重要な要素でもあります。

今こそ、「手書き」を見直してみませんか?

「文字っく」とは?

「手書き」がコミュニケーションのツールとして重要であるならば、自分の手書き文字を整えたい、そう思う方も多いのではないでしょうか?

「手書く」機会が減れば減るほど、字はヘタになります。漢字も忘れます。「字がへただなあ」と、コンプレックスを抱いている方は想像以上に多いはずです。いくら「手書き」がいいと言われても、「へただなあ」とコンプレックスを抱いたまま字を書きたくはありません。

「文字っく」はそのための字が上手く見える10のコツ!

これさえ身に着ければ、人前でも堂々と字が書けます。いわゆる「美文字」の必要はありません。世の中美人もさまざまなら、字の美しさもさまざまあっていいのです。

あなたの字クセや個性を生かしながら上達できます。

上手く見えれば上々で幸せです。

企画の背景

インターネットの普及以来、メールなどでのやりとりだけになって、「手書き文字」にコンプレックスを抱く人がますます増えているように思えます。

しかも、「美文字」という言葉の定着で、文字の美しさに対するハードルが上がってしまったように感じます。つまり、書店に売られている「美文字練習帳」のお手本のように書けなければ、美しい字ではないという固定観念の定着です。これは他人の「手書き文字」を目にする機会が減ったからこその現象です。

本来、字というものは人それぞれの個性の中に美しさや良さ、味わいを見出すものです。かつて、「達筆」と称された人々の字はそういうものでした。その感覚をもう一度取り戻すべきなのです。

「文字っく」講座

1 漢字集中レッスン

2 ひらがな集中レッスン

3 漢字仮名交じり文レッスン

 ・タテ書きを身に着ける

 ・ヨコ書きを身に着ける

4 カタカナ、数字、アルファベット混じりレッスン

5 速書きレッスン

​費用 お一人様 1万円(税別) 各2時間

手書き文字でビジネスがもっと上手くいく!

スキル、経験も備えながらも、よりビジネスが上手くいく様にできたらと、漠然と考えていた方に朗報です。

誰でも、やってきた手書きの文字を使うことで、飛躍的にビジネスが上手くいくのです。

そのコツを実践も交えながら、講座を行います。

 

[講座内容]

1 ビジネスマナーを改めて見直す。従業員満足度(ES)を上げる

2 コミュニケーションとは、共有すること、分かちあうこと

3 接遇力で人生もカラフルにする

4 顧客対応 今までの対応を一旦、捨てる。

5 知人、プライベートにも使える、手書き文字の楽しみ

6 手書きの効用

7 例文のあれこれ

​費用 お一人様 1万円(税別) 各2時間

企業研修・セミナー

営業の戦略や顧客への対応に「手書き」を必要とする企業、社員の文化・教養の向上を求める企業、あるいはまた就職活動の一環としてのよりよい履歴書作成を課題とする大学等への研修やセミナーをお引き受けいたします。

「字が上手く見える」即戦力、即効性をお約束いたしますと同時に、それによって芽生える自分への自信が、必ずや企業力を向上させる大きなメリットにつながります。

 

【内容】

・「文字っく」の解説と実践

・「文字っく」シートの課題と提出

・それぞれの企業内容に合わせた実践文章によるコツをご指導

企業トップ向け特別講座

トップとして人前でも自信を持ってサインや手書きをこなせるようになるための講座。

企業トップとしてのcharacter(キャラクター・文字のこと)、すなわち「文字」を整えるアドバイスをさせていただきます。

それがトップとしてのキャラクター向上につながります。 

 【内容】

・まずは「文字」に対するお悩みを伺う

・それに合わせたカリキュラムをご用意

​費用 5万円(税別) 交通費のご負担をお願いいたします。

手書き文化振興会

〒151-0053

東京都渋谷区代々木3丁目57-6グランフォーレ207

© 2017 手書き文化振興会

  • Facebook - White Circle